大人のおもちゃ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Canon PowerShot G1 X MarkII その後使用感など

<<   作成日時 : 2014/07/25 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の更新!
今回は、文章だけ、だらだらモードです。
G1XMarkII お気に入りのコンデジ。というか、デジカメ。
コンパクトじゃないからね〜。
ミラーレス一眼とサイズ殆ど変わらないし。これをコンデジというのはどうかと。
このカメラが発売後に、ライバル機となるであろう、ソニーのRX100M3やパナのLUMIX FZ1000等も発売されましたが。
画質については、好みもあるのでどちらが良いとは言いませんが。
カッチリ感は1インチセンサーでもセンサードット数が高いRXやFZ1000が良いように思います。
カメラの魅力としてはRXはコンパクトさ、FZは高倍率のズームと4K動画ですね。
自分は動画は殆ど撮らないので、FZ1000は高倍率ズームに魅力を感じます。
400mm有れば、殆ど不自由することはないでしょうね。野鳥もばっちり行けちゃうでしょう。
ただ、絞りの上限がF8というのは、実機を触って、「え?」って思っちゃいました。
コンデジとしてF8以上が必要かというと、無いと困ると言えるほどではないかも知れませんが、ガッツリ絞ってスローシャッターにしたいときや、パンフォーカスを使いたいときに欲求不満になっちゃいそうです。
NDフィルターも内蔵していないみたいだし、なおさら。
そんなこんなでG1XM2を持っていて買い換えるほどかというと、そうでもないかと。

で、話は、G1XM2に戻りますが。
こいつを買ってからと言うもの、引きこもりが解消されました!(笑)
天気が良くて時間が有るときには、いつもこいつを持って出かけてます。
良いショットが撮れたときなんかは嬉しいですね。
一眼レフ並みの凝った撮影が出来るのと、画質もまずまず文句なし。望遠側が光学ズームで今の倍有れば…とは思うことはありますが。このコンパクトさで…贅沢ですね。

自分はこいつを持って撮影に出かけるときは、殆どEVFを使っています。
やはり、ファインダーは周りの明るさに関係なく非常に見やすいというのが大きいですし、ファインダーの方が絵作りのイメージが掴みやすいと言うのもありますね。
慣れもあると思いますが。
ただ、外付けなので、EVFの付け外しの手間がちょっと面倒。
逆に、外付けであるが故のアングルの自由度が非常にありがたいです。
ファインダーを立てればローアングルでも上から覗く形でファインダーを使った撮影が出来ます。
RXやFZの様に本体内蔵でアングルを変えられないファインダーでは絶対出来ない芸当です。
上から覗いて撮影するときは、カメラを胸の位置くらいまで下げるので、シャッターは親指で切ります。これも結構いい感じです。
立ったまま、若干カメラを下げたいときにもファインダーの角度を変えれば腰を曲げずに位置調整が出来ます。
手ブレ防止に有利。
EVFはお値段が3万円と、そこそこの性能のコンデジが買えてしまう値段なのですが、思い切って買って良かったです。
贅沢を言えば、ファインダーの角度は引っかかりがなく全く自由に動かせるのですが、逆に簡単に動いてしまうので、角度毎にクリック感があるとありがたいと思うことも多いです。

それから、このカメラの不満な点。

●マニュアルフォーカス時のピントが確認しづらい。
マニュアルフォーカスにすると、ピント部分が拡大表示されてピントが合っているかどうかの確認をしやすくしてくれる機能はあるのだが。。。
その拡大の仕方が、元々液晶画面に表示されている表示情報を拡大しているだけで、該当箇所の表示密度は変わらないみたいなんですね。
拡大した分だけ、粗くなると言う。orz
なので、ピント状態を高精細な表示で確認出来ないんですよ。
本来であれば、この拡大処理は、センサーの該当領域から拡大倍率に合わせて表示データを新たに切り出してくるべきだと思うんですよね。
そうすれば、液晶画面には高精細状態でのピント確認用の画像が表示できると思うんです。
一応、ピントが合っている場所のエッジに色を付けて表示してくれる機能はあるのですが、一緒に拡大されても見やすくなるわけでもないし。
ニコン一眼レフには、センサーから拡大画像を切り出して表示する仕様の機能が付いているようですが。
センサーから液晶画面に表示データを持ってくる処理が、常にセンサー全体から切り出してくる機能しか無いんでしょうかね。
だから、今の仕様になっていると。
液晶のタイムラグは非常に少ないので、ハード的にやっているんだとは思いますが。
マニュアルフォーカスの時は、液晶のリフレッシュが多少遅くなっても、ソフト的にでも良いから、ピント位置の密度の高い画像データを表示して欲しい物です。

●マクロモードがテレ側で使えない。
マクロモードにしても80mmあたりから、マクロモードが解除(花マークがグレーアウト)されてしまいます。
これは、どういう制約による仕様なんでしょうね。テレマクロで撮影したいときに、何度フォーカスしても後ピンになってしまってストレス溜まりまくりになります。
マニュアルフォーカスはピント位置が判りづらいし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Canon PowerShot G1 X MarkII その後使用感など 大人のおもちゃ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる