大人のおもちゃ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Lightning−30ピン変換アダプタについて

<<   作成日時 : 2012/11/29 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iPhone 5以降の新機種から採用されているLightningコネクタ。
信号がデジタル信号のみとなり、Dockコネクタ(30ピン)にあったアナログ信号は無くなったようです。
てことは、アナログ信号を取り出すには、ヘッドホン端子から取るしかないわけですよね。
今まで、大量に出回っているDockコネクタ対応の周辺機器が一気に使えなくなってしまうのも困るので、Lightning−30ピン変換アダプタなる物が、Appleから出ているようですが、2800円とお高いですね。
でも、情報によるとこの30ピン変換アダプタでは、アナログ信号も出力されるとか…。
となると、あのコネクタの中にDAC(DAコンバータ)が入っているって事になるんですね。
ただの配線変換プラグと考えると2800円は高いよな〜。と思いますが、
DAC内蔵コネクタと考えると、ん〜。納得するかな。と言う気にはなりますが。
ところで、そうなると、Dockコネクタに挿して使える、小さいスピーカーとか結構出回ってるじゃないですか。
自分も買いました。
今は、Dockコネクタが使えるアップル製品持ってないので、iPod持ってる友達にあげちゃいましたけど。
あれって、本体から電源とアナログ信号を貰って、アンプで増幅して鳴らしてるんですよね。
LightningになってしまったiPhoneやiPodだと、アナログ信号が出てないわけで、自分でDAC内蔵しないと、同じ製品は作れないことになるわけですね。
となると、あの手の製品が今後出てくるとすれば、以前より高くなっちゃうんでしょうね。
逆に考えると、今までの製品がどうだったか判りませんが、Dockスピーカーとか有るじゃないですか。
あれって、アナログで取り込んでたやつが有ったのかは判らないけど、今後は全てデジタル取り込みになるわけですね。

Dockコネクタも使われ始めてから約10年になるので、仕様やサイズなどでも見直しの時期になってきたのだと思いますが、あれはあれで、抜けないようにロックできたり、サイズが大きい分、がっちりとはまって周辺機器を接続する上での安定感が有ったんですよね。
Lightningコネクタは、固定機能もなく、小さいので、コネクタに負担がかかる接続は出来ないですよね。

それにしても、30ピンアダプタのコネクタだけのタイプが2800円は、DAC内蔵を考慮するれば、まだ良いとしても、間にケーブルが入っただけで、1000円アップの3800円てのは、納得いきませんな〜。
コネクタだけのタイプは、カバー付けてるときちんと挿せなくて、カバーを付けた状態で使うことを考えるとケーブルタイプのを選択する事になっちゃいますからね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Lightning−30ピン変換アダプタについて 大人のおもちゃ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる